オーナーへメッセージ
プロフィール
コピーライターとよだ
コピーライターとよだ
最新SNSの流行が何度訪れようと、結局はSNSもメディア(情報の入れ物)に過ぎません。                 SEOに至っては、それ以前の話です。「地域+業種名」でHPが検索1位になったところで、そこに魅力を感じなければ人は去り、ライバル企業に流れていきますからね。                  また、通販サイトの売上が、キャッチコピーやセールス文の書き方一つで乱高下することは、よく知られた話。             
  そしてこれはあらゆるメディアにおいても変わることのない事実です。(なぜなら人の心はメールの言葉遣い一つでも近づいたり離れたりする、繊細なものだからです。)                   …にも関わらず、巷のキャッチフレーズ(キャッチコピー)やセールス文は、ターゲットやユーザーの心を掴み、商売繁盛につなげることが役割なのに、なんと手抜きが多いことでしょう…。            でもこれは逆に考えると、多くのケースにおいて、「言葉の最適化」によって他社より効果的な広告と販売促進を展開できる好環境でもあります。                とりあえず、デザイナーに「コピーもついでに…」と頼んでいる経営者は、“パティシエがついでに握った寿司”をおいしいと思えるのか、一度冷静に考えてみてはいかがでしょう?                -と、こんな話をする私の仕事は、依頼主のマーケティングの現状を検証した上で、ターゲットの理性と感情をとらえる広告・販促をご提案することです。                また私はツール制作をご依頼される場合、フリーランスを中心としたネットワークを活用し、ご依頼の案件ごとに制作ユニットを組むことで、ワンストップ制作をリーズナブルな料金でご提供しています。                制作ネットワーク「言ノ葉組」紹介ページへは、カテゴリーのプロフィールからお進みください。                因みに私はIT専門学校デジタルハリウッド(福岡校)にてコピー講師経験もあります。
そして最後の講義で受講生に伝えたメッセージは、「言ノ葉家」サイトの【経歴&実積】にてご覧いただけます。                           「言ノ葉家」へは、「お気に入り」の一番下からどうぞ。                        福岡在住ですが、ご要望があれば全国対応します。

       【リンクフリー】
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
インフォメーション
アクセスカウンタ
< 2017年12月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2014年07月15日

空虚な美辞麗句とは?

「(辛くても)置かれた場所で咲きなさい」
という言葉を思いついて悦に入ってる人や
その言葉を見聞きして心酔している人々は、
多分幸せな人々でしょう。

だって環境をリセットしない限り心も体もストレスに蝕まれていく
「生き地獄」を知らずに生きて来れたのだから。

でも、ある意味、不幸な人々かもしれません。
なぜなら
「置かれた場所で咲こうとしたら過労死したんだけど…」
という嘆きに耳を澄ます
想像力がないのだから。






ホームサイト http://www.kotonoha-ya.jp/
依頼主の声 http://kotonoharb.yoka-yoka.jp/e605489

福岡のマーケティングコピーライター・言ノ葉家への
広告販促ツール(ワンコイン)コンサル、(料金&割引プランの完全版を含む)資料請求、
&ご対面希望の方はコチラから!


▼▼▼▼▼
▼▼▼▼
▼▼▼
▼▼





各種お問い合わせ&ご対面希望
  

Posted by コピーライターとよだ at 14:39Comments(0)言葉

2014年05月07日

広告クリエイティブ=ビジュアルだけ?

http://feely.jp/278/

「同じことを書いただけよ…
ただ違った言葉を使ったの」

-作家ではない、すべてのコピーライターの仕事は、コレに尽きます。



でも、僕なら「今日もいい日のようですね」と書くでしょう。
その理由は具体的には
「人から聞かなければわからない悲哀を表現出来るから」
となりますが、
抽象的には
「だってコピーライターだもん」
となります。





ワンモア・プロフィール http://kotonoharb.yoka-yoka.jp/e93860.html
依頼主の声 http://kotonoharb.yoka-yoka.jp/e605489

福岡のマーケティングコピーライター・言ノ葉家への
広告販促ツール(ワンコイン)診断、(料金&割引プランの完全版を含む)資料請求、
&ご対面希望の方はコチラから!


▼▼▼▼▼
▼▼▼▼
▼▼▼
▼▼





各種お問い合わせ&ご対面希望
  

Posted by コピーライターとよだ at 13:12Comments(0)言葉

2013年12月17日

例えばこんな化学反応。






そりゃあまぁ、二回リストラされてても「福岡 コピーライター」で検索すれば、
このブログ http://kotonoharb.yoka-yoka.jp/c6197.html がちょいちょい一番になったりするわけですから、
主催者がイベントタイトル用として想定してなかった言葉にピンと来て、タイトル案を考案し、
一発必中採用されることも、たまにはね…。

そんなわけで、イベントタイトルにお悩みの方は、お気軽にご相談ください。
言ノ葉家顔本頁 http://www.facebook.com/kotonoharb?ref=hl#!/kotonoharb/info の読者であれば、
ご優待価格にて提供します。

 
 
なお、「~ブチ抜きの宴~って何なのさ?!」と思った方は、主催者の松生(まつおい)さん https://www.facebook.com/masayo.matsuoi/about までお問い合わせを。



ワンモア・プロフィール http://kotonoharb.yoka-yoka.jp/e93860.html
依頼主の声 http://kotonoharb.yoka-yoka.jp/e605489

福岡のマーケティングコピーライター・言ノ葉家への
広告販促ツール無料診断、(料金&割引プランの完全版を含む)資料請求、
&ご対面希望の方はコチラから!


▼▼▼▼▼
▼▼▼▼
▼▼▼
▼▼





各種お問い合わせ&ご対面希望
  

Posted by コピーライターとよだ at 22:25Comments(0)言葉

2013年07月01日

「伝わる文章」の基本とは?

長いワンセンテンスは、結論と理由を分けて書くことが、「伝わる文章」の基本です。

したがって、もしもフェイスブック集客講師の方が、自分のセミナーの集客のために

>Facebookは不特定多数を対象とし「えこ贔屓」が出来ない大企業より、常連のお客様に「えこ贔屓」ができ、密接な関係を築ける、小店舗や小企業こそ、短期間で成果が出せます。
と、フェイスブックページにセールス文を書いたとしたら、

~Facebookは小店舗や小企業こそ、短期間で成果を出せます。
なぜならFacebookは、
常連のお客様に「えこ贔屓」することで密接な関係を築くことに適しており、
不特定多数を対象とする大企業では、常連さんに「えこ贔屓」が出来ないからです。~

と書いた方が集客しやすいわけです。


「お手頃価格でコピーも効いてるWeb制作サービス」http://more.co.jp/kotonoha/
ワンモア・プロフィール http://kotonoharb.yoka-yoka.jp/e93860.html
依頼主の声 http://kotonoharb.yoka-yoka.jp/e605489.html

福岡のマーケティングコピーライター・言ノ葉家への
広告販促ツール無料診断、(料金&割引プランの完全版を含む)資料請求、
訪問自己プレゼンのオーダーはコチラから。
  

Posted by コピーライターとよだ at 23:45Comments(0)言葉

2013年05月22日

言葉は表現の道具?

東進ハイスクール・林先生の「情熱大陸」。

その締めは、答えに困った質問への逆質問で、主役の「らしさ」がまた一段と放射されていた。

この制作に関わる人達は、言葉が表現の道具だけでなく、
企画の道具でもあることを、本当に深く理解していると思う。




「お手頃価格でコピーも効いてるWeb制作サービス」http://more.co.jp/kotonoha/
言ノ葉家サイトhttp://kotonohaya.aikotoba.jp/
ワンモア・プロフィール http://kotonoharb.yoka-yoka.jp/e93860.html
依頼主の声 http://kotonoharb.yoka-yoka.jp/e605489.html

福岡のマーケティングコピーライター・言ノ葉家への
広告販促ツール無料診断、セミナー講師、(料金&割引プランを含む)資料請求、
訪問自己プレゼンのオーダーはコチラから。
  

Posted by コピーライターとよだ at 17:39Comments(0)言葉

2013年05月08日

プロならちゃんと書こうよ!

広告業界誌のある記事の見出しと本文の間に、

~利用客のありとあらゆる要望に、機転をもって応えるコンシェルジュを始めとしたホテルのスタッフに高付加価値サービスに欠かせない、顧客の要望を察知する方法について聞いた。~

というリード文があったが、

~利用客のありとあらゆる要望に機転をもって応えるコンシェルジュを始めとしたホテルスタッフに聞く、
高付加価値サービスに欠かせない「利用客の要望を察知する方法」とは?~


って書いた方がよいのでは?





「お手頃価格でコピーも効いてるWeb制作サービス」http://more.co.jp/kotonoha/
言ノ葉家サイトhttp://kotonohaya.aikotoba.jp/
ワンモア・プロフィール http://kotonoharb.yoka-yoka.jp/e93860.html
依頼主の声 http://kotonoharb.yoka-yoka.jp/e605489.html

福岡のマーケティングコピーライター・言ノ葉家への
広告販促ツール無料診断、セミナー講師、(料金&割引プランを含む)資料請求、
訪問自己プレゼンのオーダーはコチラから。
  

Posted by コピーライターとよだ at 20:03Comments(0)言葉

2013年02月23日

シュールな見出し。

広告業界の各団体の偉い人達が、「自分達のやるべきこと」をきちんと語ってることは、
本文を読めばちゃんとわかります。

それだけになぜ、見出しの切り口をこんな「他力本願」にしたのか、僕にはちょっと難解ですね。。。





「お手頃価格でコピーも効いてるWeb制作サービス」http://more.co.jp/kotonoha/
言ノ葉家サイトhttp://kotonohaya.aikotoba.jp/
ワンモア・プロフィール http://kotonoharb.yoka-yoka.jp/e93860.html
依頼主の声 http://kotonoharb.yoka-yoka.jp/e605489.html

福岡のマーケティングコピーライター・言ノ葉家への
広告販促ツール無料診断、セミナー講師、資料請求、訪問自己プレゼンのオーダーはコチラから。
  

Posted by コピーライターとよだ at 19:42Comments(0)言葉

2013年01月15日

プロの書き手とは

例えば

「テレビで身近でやや薄毛の吉本芸人をイメージキャラクターにすることによって他の薬用シャンプーとの親密さの面で差別化をはかっています」

という文は

「身近でやや薄毛の吉本芸人をテレビでイメージキャラクターにすることによって、
親密さの面で他の薬用シャンプーとの差別化をはかっています」

という具合に書き直すと、読みやすくわかりやすくなります。そして当然、記憶にも残りやすくなります。

僕はこの方法を【文節シャッフル】と呼んでいます。
でもわざわざ名付けているのは日本中で僕だけかもしれません。
なぜならこのくらいのことは、プロの書き手ならみんな息をするのに近い感覚でサクサクやるからです。

といってもサクサクやるのも当たり前のことですけどね。
だってこの程度のリライトでいちいち悩んでいたら、
「日頃の業務の合間を縫って書く経営者」や、
「デザインやコーディングのついでに書くWEBクリエイター」
といった素人さんと、大して変わらないことになっちゃいますから。(笑)



「お手頃価格でコピーも効いてるWeb制作サービス」http://more.co.jp/kotonoha/
言ノ葉家サイトhttp://kotonohaya.aikotoba.jp/
ワンモア・プロフィール http://kotonoharb.yoka-yoka.jp/e93860.html
依頼主の声 http://kotonoharb.yoka-yoka.jp/e605489.html

福岡のマーケティングコピーライター・言ノ葉家への
広告販促ツール無料診断、セミナー講師、資料請求、訪問自己プレゼンのオーダーはコチラから。
  

Posted by コピーライターとよだ at 22:25Comments(0)言葉

2012年09月10日

気の利いた見出しとは?



見出しにこんな言葉遊びをするだけでも、記事を読んでくれる人は増えるんだな~。
o(^-^)o

「お手頃価格でコピーも効いてるWeb制作サービス」http://more.co.jp/kotonoha/
言ノ葉家サイトhttp://kotonohaya.aikotoba.jp/
ワンモア・プロフィール http://kotonoharb.yoka-yoka.jp/e93860.html
依頼主の声 http://kotonoharb.yoka-yoka.jp/e605489.html

福岡のマーケティングコピーライター・言ノ葉家への
広告販促ツール無料診断、セミナー講師、資料請求、訪問自己プレゼンのオーダーはコチラから。
  

Posted by コピーライターとよだ at 20:22Comments(0)言葉

2012年09月03日

2012年07月04日

言葉について。

言葉は便利なものです。
(だって個人レベルでも国家レベルでも、 伝えたいことに形があってもなくても、
どこまでもディープなコミ​ュニケーションを可能にするのだから。)

でも不便なものでもあります。
(だって、まるで反省してない人でも「人を欺くための反省文」を​書くことはできるのだから。)



  
Posted by コピーライターとよだ at 19:35Comments(0)言葉

2012年06月24日

プレゼンを成功させたいなら、

企画書や提案書の表紙に、キャッチコピーやサブタイトルを付けるのも有効です。

なんだかんだ言っても、人は意外と言葉に影響されるので、
そんな工夫をしておくと、いい流れを作れたりします。





福岡のマーケティングコピーライター・言ノ葉家への
広告販促ツール無料診断、セミナー講師、資料請求、訪問自己プレゼンのオーダーはコチラから。
  

Posted by コピーライターとよだ at 23:16Comments(0)言葉

2012年04月02日

寿司屋で「あがり」「がり」と言ってはダメだと

88才料理研究家
http://n.m.livedoor.com/a/d/6344555?f=76

…そうそう、客の立場で粋を気取って隠語を使うほど不粋なことはないからね~。
  
Posted by コピーライターとよだ at 20:33Comments(0)言葉

2011年11月09日

二十歳くらいの若人(♂)が、

とっくに死語になったはずの
「ブイブイ言わして」
を、普通のトーンで言っていた。

言葉の寿命に迷う時って、だいたいこんな時です。。。  
Posted by コピーライターとよだ at 21:26Comments(0)言葉

2011年07月13日

斎藤佑樹の球宴出場に思う。

彼は、「それは仲間です」の一言でマスコミをファンにしました。

そしてバッシングという有名税と引き換えに球宴という学びのチャンスを引き寄せました。

-人も企業も、やっぱり言葉で生きていると思う。




ワンモア・プロフィール http://kotonoharb.yoka-yoka.jp/e93860.html
依頼主の声 http://kotonoharb.yoka-yoka.jp/e605489.html
福岡のクリエイティブ&コンサルティングネットワーク
言ノ葉組 http://kotonoharb.yoka-yoka.jp/e483767.html
公式サイト/言ノ葉家 http://kotonohaya.aikotoba.jp/
顔本http://www.facebook.com/profile.php?id=100001597063539


福岡のマーケティングコピーライター・言ノ葉家への無料相談、
制作物の無料診断、資料請求、訪問自己プレゼン、
言ノ葉組メンバーへのお問い合わせはコチラから。


  

Posted by コピーライターとよだ at 20:23Comments(0)言葉

2011年07月12日

二重敬語の件。

「拝見させていただく」という表現が気になる僕は少数派でしょうか?

まあ「言葉は生き物」だから、時代とともに変わるのは誰にも止められないかもしれませんが…。








ワンモア・プロフィール http://kotonoharb.yoka-yoka.jp/e93860.html
依頼主の声 http://kotonoharb.yoka-yoka.jp/e605489.html
福岡のクリエイティブ&コンサルティングネットワーク
言ノ葉組 http://kotonoharb.yoka-yoka.jp/e483767.html
公式サイト/言ノ葉家 http://kotonohaya.aikotoba.jp/
顔本http://www.facebook.com/profile.php?id=100001597063539


福岡のマーケティングコピーライター・言ノ葉家への無料相談、
制作物の無料診断、資料請求、訪問自己プレゼン、
言ノ葉組メンバーへのお問い合わせはコチラから。


  

Posted by コピーライターとよだ at 20:52Comments(0)言葉