オーナーへメッセージ
プロフィール
コピーライターとよだ
コピーライターとよだ
最新SNSの流行が何度訪れようと、結局はSNSもメディア(情報の入れ物)に過ぎません。                 SEOに至っては、それ以前の話です。「地域+業種名」でHPが検索1位になったところで、そこに魅力を感じなければ人は去り、ライバル企業に流れていきますからね。                  また、通販サイトの売上が、キャッチコピーやセールス文の書き方一つで乱高下することは、よく知られた話。             
  そしてこれはあらゆるメディアにおいても変わることのない事実です。(なぜなら人の心はメールの言葉遣い一つでも近づいたり離れたりする、繊細なものだからです。)                   …にも関わらず、巷のキャッチフレーズ(キャッチコピー)やセールス文は、ターゲットやユーザーの心を掴み、商売繁盛につなげることが役割なのに、なんと手抜きが多いことでしょう…。            でもこれは逆に考えると、多くのケースにおいて、「言葉の最適化」によって他社より効果的な広告と販売促進を展開できる好環境でもあります。                とりあえず、デザイナーに「コピーもついでに…」と頼んでいる経営者は、“パティシエがついでに握った寿司”をおいしいと思えるのか、一度冷静に考えてみてはいかがでしょう?                -と、こんな話をする私の仕事は、依頼主のマーケティングの現状を検証した上で、ターゲットの理性と感情をとらえる広告・販促をご提案することです。                また私はツール制作をご依頼される場合、フリーランスを中心としたネットワークを活用し、ご依頼の案件ごとに制作ユニットを組むことで、ワンストップ制作をリーズナブルな料金でご提供しています。                制作ネットワーク「言ノ葉組」紹介ページへは、カテゴリーのプロフィールからお進みください。                因みに私はIT専門学校デジタルハリウッド(福岡校)にてコピー講師経験もあります。
そして最後の講義で受講生に伝えたメッセージは、「言ノ葉家」サイトの【経歴&実積】にてご覧いただけます。                           「言ノ葉家」へは、「お気に入り」の一番下からどうぞ。                        福岡在住ですが、ご要望があれば全国対応します。

       【リンクフリー】
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
< 2012年07>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

  
Posted by at

2012年07月31日

やはり「餅屋は餅屋」ということです。

「コピーも書きますよー」
とか言ってるWebデザイナーの原稿を見たら、「第一弾」と書くべきところが「第一段」となっていた。

こうなると、どんなにデザインが優れていても、企業イメージはガタ落ちでしょう。

やはりデザイナーにコピーまで書かせるのは「パティシエに鮨を握らせる」ようなもの…

そんな間違った世の中を修正するため、私は「言ノ葉MORE(モア)」というコラボレーションを始めました。




「言ノ葉MORE(モア)」による
「お手頃価格でコピーも効いてるWeb制作サービス」はこちらにて。 http://more.co.jp/kotonoha/


  
Posted by コピーライターとよだ at 18:47Comments(0)お知らせ

2012年07月14日

屋台に見る販売促進策

先日、屋台の大将が、固い長椅子にふかふかの長座布団を縛り付けているのを見かけました。

あれは細かい気遣いであり、見事な販売促進策でしょうね。

なぜなら押し売りも安売りもせず、おまけも付けることなく、
今まで「尻が痛くなったからそろそろ…」と帰っていた客が、
「もうちょっとゆっくりしていこう」
となるはずですから。





【お知らせ】
「お手頃価格でコピーも効いてるWeb制作サービス」はじめました。
http://more.co.jp/kotonoha/  
Posted by コピーライターとよだ at 15:11Comments(0)販促

2012年07月11日

高級品のマーケティングはココがポイント!

高額商品になるほど、認知から購入までのステップ…
つまりストーリー・プロモーションが重要になるわけですが、
この辺りもまた、商売の醍醐味だと、僕は思います。






福岡のマーケティングコピーライター・言ノ葉家への
広告販促ツール無料診断、セミナー講師、資料請求、訪問自己プレゼンのオーダーはコチラから。
  

Posted by コピーライターとよだ at 20:48Comments(0)マーケティング

2012年07月06日

ちゃんと読まれるメルマガとは

メルマガは自ら読者登録してくれたんだからいつも読んでくれるはずと思いがちですが、
実際は「後で…」と思ったまま放置PLAYになりがちです。

それでも読まずにはいられないメルマガは、やっぱり
「何を伝えるか」「どう伝えるか」
がよく練られています。

特にタイトルと書き出しにおいて…。







福岡のマーケティングコピーライター・言ノ葉家への
広告販促ツール無料診断、セミナー講師、資料請求、訪問自己プレゼンのオーダーはコチラから。
  

Posted by コピーライターとよだ at 13:24Comments(0)販促

2012年07月05日

WEBライティングの基本とは?

繁盛サイトには、優れたデザインだけでなく、優れたライティングも宿っています。

その基本を一つ挙げるならまず、
タイトル→大見出し→小見出し→本文による情報カテゴライズの整合性が高いため、
形のないセールスポイントも理解されやすく、記憶に残りやすい…
ということが言えます。

そしてデザインもコーディングもSEOもやってるWebデザイナーにココまで求めても、
その期待応えられる人は少ないでしょう。






福岡のマーケティングコピーライター・言ノ葉家への
広告販促ツール無料診断、セミナー講師、資料請求、訪問自己プレゼンのオーダーはコチラから。
  

Posted by コピーライターとよだ at 13:05Comments(0)WEB

2012年07月04日

言葉について。

言葉は便利なものです。
(だって個人レベルでも国家レベルでも、 伝えたいことに形があってもなくても、
どこまでもディープなコミ​ュニケーションを可能にするのだから。)

でも不便なものでもあります。
(だって、まるで反省してない人でも「人を欺くための反省文」を​書くことはできるのだから。)



  
Posted by コピーライターとよだ at 19:35Comments(0)言葉

2012年07月03日

自社のWEBライティングにこんなニーズがあるのなら・・・

SEO業者に頼んで、狙ったキーワードで検索一位になっても商品が売れるとは限らない今、
WEBライティングにおいて、

「サラッと読んでも魅力が記憶に残るように、構成によって読者感情をナビゲーションして欲しい」
とか、
「“商品の機能”では理性を、“創業ヒストリーと開発秘話”では感情を刺激して欲しい」
とか、
「理性に訴える文はキレの良さにこだわり、感情に訴える文は味わい深さを持たせて欲しい」
とか、
「キーワードをタイトルや見出しの頭に配置するだけじゃなくて、
その上で違和感のない日本語で書いて欲しい」
とか、
「セールス文を要約して見出しにしようとしても長くなってしまうなら、
“知りたい気持ちを最大化させるフック機能”に特化して欲しい」
とか、
「その上で見出しと本文の整合性を極めて欲しい」
とか、
「セールス文の書き出しは基本的にワンセンテンス・ワンメッセージにして読みやすい印象を持たせて欲しい」
とか、
「〆の一文は基本的に見出し・書き出し・本文中のキーセンテンスのいずれかと連動させることで、
原稿全体に一体感を持たせして欲しい」
とか、
「余分な言葉を削ぎ落とし、読む価値を最大限に、読む負担を最小限にして欲しい」
とか、
「テンポよりも “意味の区切り”を優先基準に読点をつけて、
わかりやすさを確保して欲しい」
とか、
「専門用語を使う時は前後にフォローフレーズを入れて、
わかりやすさと“プロの凄さのアピール”を両立させて欲しい」
とか、
「複数のセールスポイントに関連性があるなら箇条書きに頼らずに、
繋ぎ言葉を吟味してワンセンテンスに落とし込み、相乗効果をアピールして欲しい」
とか、
「ただしワンセンテンスが長過ぎて“読みづらい”印象を与え、
検索結果に戻られてライバルサイトに流れて行く事態は絶対に避けて欲しい」
とか、
「嘘・大げさ・紛らわしいを避けつつも、セールスポイントが最も輝いて見えるように、
ユーザーの暮らしや社会情勢の中から“最適な背景”を炙り出して欲しい」
とか、
「商品価値がユーザーの人生にどんな幸福をもたらすか?
に着眼して書いて欲しい」
とか、
「ただし、大げさになり過ぎて読者感情が冷める手前の
“寸止めライティング”を狙って欲しい」
とか、
「ページ階層が深くなるほど、それだけ訪問者が自分の意志でクリックしているのだから、
階層に合わせて商品に対する自信の大きさを段階的に表面化させ、
購買に向かって自然に背中を押すように書いて欲しい」
とか、
「その際は語尾のテイストで違いを出して欲しい」
とか、
「文節シャッフルと段落シャッフルと類語検索を基本とした推敲を重ね、
わかりやすさと印象の強さを両立させ、
たとえ今買わなくても一つでも多くの魅力が記憶に刷り込まれるように書いて欲しい」
とか、
「そもそも主語に対する述語の収め方がズレてたら企業イメージガタ落ちなので、
そんなことはやめて欲しい」


といったニーズをお持ちなら、私がお役に立てるかもしれません。




【関連記事】
●WEBライティングの基本とは? http://kotonoharb.yoka-yoka.jp/e868553.html
●長文を読ませるノウハウとは? http://kotonoharb.yoka-yoka.jp/e872504.html




福岡のマーケティングコピーライター・言ノ葉家への
広告販促ツール無料診断、セミナー講師、資料請求、訪問自己プレゼンのオーダーはコチラから。
  

Posted by コピーライターとよだ at 13:07Comments(0)コピー

2012年07月02日

経営者の分かれ道とは何か?

それは例えば、
「おたふくソースがお好み焼き教室をやっている」
と聞いて、
「じゃあウチは何教室が出来るのか?」
という発想を持てるか持てないか…でもあると思う。  
Posted by コピーライターとよだ at 13:38Comments(0)経営