オーナーへメッセージ
プロフィール
コピーライターとよだ
コピーライターとよだ
最新SNSの流行が何度訪れようと、結局はSNSもメディア(情報の入れ物)に過ぎません。                 SEOに至っては、それ以前の話です。「地域+業種名」でHPが検索1位になったところで、そこに魅力を感じなければ人は去り、ライバル企業に流れていきますからね。                  また、通販サイトの売上が、キャッチコピーやセールス文の書き方一つで乱高下することは、よく知られた話。             
  そしてこれはあらゆるメディアにおいても変わることのない事実です。(なぜなら人の心はメールの言葉遣い一つでも近づいたり離れたりする、繊細なものだからです。)                   …にも関わらず、巷のキャッチフレーズ(キャッチコピー)やセールス文は、ターゲットやユーザーの心を掴み、商売繁盛につなげることが役割なのに、なんと手抜きが多いことでしょう…。            でもこれは逆に考えると、多くのケースにおいて、「言葉の最適化」によって他社より効果的な広告と販売促進を展開できる好環境でもあります。                とりあえず、デザイナーに「コピーもついでに…」と頼んでいる経営者は、“パティシエがついでに握った寿司”をおいしいと思えるのか、一度冷静に考えてみてはいかがでしょう?                -と、こんな話をする私の仕事は、依頼主のマーケティングの現状を検証した上で、ターゲットの理性と感情をとらえる広告・販促をご提案することです。                また私はツール制作をご依頼される場合、フリーランスを中心としたネットワークを活用し、ご依頼の案件ごとに制作ユニットを組むことで、ワンストップ制作をリーズナブルな料金でご提供しています。                制作ネットワーク「言ノ葉組」紹介ページへは、カテゴリーのプロフィールからお進みください。                因みに私はIT専門学校デジタルハリウッド(福岡校)にてコピー講師経験もあります。
そして最後の講義で受講生に伝えたメッセージは、「言ノ葉家」サイトの【経歴&実積】にてご覧いただけます。                           「言ノ葉家」へは、「お気に入り」の一番下からどうぞ。                        福岡在住ですが、ご要望があれば全国対応します。

       【リンクフリー】
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
< 2010年07>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2010年07月26日

言ノ葉組 今月のニューフェイス その2

現在東京と沖縄で活躍中で、今後、故郷・福岡を拠点にする松岡ケイスケさん。
ロン毛deパーマ(ソバージュ?)のよく似合うアラフォーイケメンです。

ケイスケさんとの出会いはとあるビジネス交流会。
名刺交換の第一声で「(この参加者の中で)一番興味を持っていました」と聞いた時は、
素直に嬉しくなりました。
自分からオファーできる制作ネットワークを充実させ、
広告会社が制作料に上乗せするモロモロの経費をカットすることで、依頼主に対し
「どこまでコストパフォーマンスを高められるか?」に挑戦して行く言ノ葉組は、
どうやらこの方にとっても気になる存在だったようです。

そして僕がケイスケさんと出会ったこの日、最も印象的だった場面は、交流会の終盤、
ある20代の参加者が遅れて会場に来た時のことでした。
遅れて来た彼が自己紹介をすると、僕も含めた大半の参加者が、
「特に注目すべき点もない」という判断から半ば聞き流しているようでした。
しかし、ケイスケさんが「(あなたはレジュメに示されている)何番の方ですか?」と聞いて本人が答えると、
僕を含めた大半の参加者が、レジュメをめくり、そこに記されている彼の自己PRに目を向けました。

僕はこの時、ケイスケさんが人並み以上に持っている「出会いを大切にする感性」を思い知らされました。
この場面でこの発言を自ら出来る人は、ザラにはいません。
そしてケイスケさんはこの遅れて来た若者の声が小さかったことにも気を留め、初対面で何の義理もなくても、
「もう少し大きい声で発表しましょう」と、今後に役立つアドバイスを提供しました。
すると僕から見た場の空気が少し冷たくなったように感じました。

・・・これはいけません。
ケイスケさんは僕とサシで話した時、初対面である僕の取引先から写真教室のオファーが来ても、
「やりますよ」と答えてくれた人です。
こんなにもサービス精神旺盛なカメラマンが、「単なるコワモテのオッサン」と思われてしまっては、
真実とズレてしまいます。

そこで僕はおせっかいとは思いつつも、ケイスケさんのイメージが偏らないように、
ほぼ正面の席にいたケイスケさんに、みんなに聴こえる大きな声でこう言いました。

「(ケイスケさんは)芝居の先生もやってるからちょっと厳しいんですよね」。

するとケイスケさんは、僕の期待通りに優しく微笑み返してくれました。
(あの時の穏やかな表情を、すべての参加者が見ていてくれたら良いのですが・・・。)


ちゃんと発信してちゃんと受信する・・・
そんな密度の濃いコミュニケーションで生きているカメラマン・松岡ケイスケさんの公式サイトはこちら。
http://www1.bbiq.jp/kokoronosurf/

お問い合わせはマネージャーの豊田まで!(笑)

言ノ葉組一覧 http://kotonoharb.yoka-yoka.jp/e483767.html

  
Posted by コピーライターとよだ at 11:47Comments(2)言ノ葉組 ドキュメント

2010年07月21日

言ノ葉組がユーチューブ・デビュー!?

言ノ葉組http://kotonoharb.yoka-yoka.jp/e483767.htmlのポールポジンションに、特に威厳もなく君臨するMr.ハマーと久々に怪談・・・もとい、会談したところ、
「言ノ葉組で集まってしゃべってるところをユーチューブにアップしたらどうか?」
との提案が!!

なんでも彼は若かりし頃、オールナイトニッポンのパロディを自主制作したこともあるらしい。

やはりこんな時代に広告営業マンを経て、ノイローゼにならずにプランナー兼プロデューサーとして独立し、企業の商売繁盛に奔走している彼は、「チャンスを引き寄せる行動」が出来るメンズのようです。
確かにコレをやれば、言ノ葉組にとって、小さくても画期的なメディア露出になります。しかしその効果以前に、メンバー同士のコミュニケーションが深まり、僕を介さなくても、ニーズに応じて仕事の受発注が発生するかもしれません。

-やれやれ、たった一回しかない上に、歳とともにどんどん時の流れが早くなっていく人生にまた一つ、「やらずに死ねないイベント」が出来ちまったようです。。。。


Mr.ハマーとの馴れ初めはコチラ http://kotonoharb.yoka-yoka.jp/e475692.html

言ノ葉家公式サイトはコチラ http://kotonohaya.aikotoba.jp/(2010 夏のリニューアル完了!)

というわけで、


広告宣伝活動に関する無料相談(メール&電話にて)、
無料制作アドバイス(コピーもWEBも)、
及び資料(詳しいプロフィールと料金・割引プラン)の請求はコチラから


  
Posted by コピーライターとよだ at 22:14Comments(0)言ノ葉組 ドキュメント

2010年07月20日

ラー油ブームの仕掛けと成り行き。

今年上半期のヒット商品の二番目。「食べるラー油」。



そもそも「食べラー」(非公式略称)は、「沖縄・石垣島の辺銀(ぺんぎん)食堂が約10年前から生産し、料理研究家や一部の食通の間で、“幻のラー油”として人気を集めていた」らしい。
こういった「ポテンシャルの高いレアもの」を見つける嗅覚は、バイヤーのみならず、全てのマーケティング関係者が見習うべきでしょうね。

そして「桃屋の辛そうで辛くない少し辛いラー油」が発売。
(「ネーミングは短くなければいけない」という固定概念を破壊するには、充分な長さですね。)
その後、昨年10月にTVCMが始まったとたんにブレイク。わずか12日間のO.A.にも関わらず、「ご飯にラー油を盛る」新しさがウケて、ネットで口コミが急増した模様。
やはり「新商品ならイメージよりも生活提案」というセオリーに乗れば、TVCMは効くようですね。
(もちろん商品力が前提にはなりますが。。。)

次に、「納豆に混ぜる」「漬け物にも使う」といった生活者のアレンジが始まり、これが口コミを新しい次元に引き上げ、ブームを拡大させたらしい。こうなってしまえば、コンビニに「食べラーおにぎり」、寿司屋に「食べラー寿司」が登場するのも時間の問題だったということでしょう。
(そして優れた経営者はきっと、全く異業種であってもこの現象から「アレンジ」という切り口を盗み、自社にどう活かすかを考えることでしょう。)

そして今後も品薄が続くことを把握したスーパーの中には、「食べラー」のレシピを公開し、商品ではなく材料を売る戦略を取ったところもあるそうな。
(一般的に「品薄」はヒットの二次曲線を描いてくれる現象ではありますが、この現象が生み出す演出効果は強烈でしょうね。)


というわけで、この「食べラー」ブームからヒットのセオリーを盗むなら、
「敏腕バイヤー感覚」と「シンプル導入プロモーション」、
そして「アレンジ奨励」というキーワードを常に頭に置いておくことが有効ですね。




広告宣伝活動に関する無料相談(メール&電話にて)、
無料制作アドバイス(コピーもWEBも)、
及び資料(詳しいプロフィールと料金・割引プラン)の請求はコチラから
  
Posted by コピーライターとよだ at 20:37Comments(0)ヒット商品

2010年07月17日

大河deタイムリー!

そんな長崎特集広告がこちら。




そういえば、みのもんたの「思いっきりテレビ」が全盛期だった頃、番組で特集された食材が「当日売れたから」ということで、O.A.のタイミングに合わせて特定の食材の広告や販売促進を打つのも流行ったらしいが、玉葱や人参までも特集されるようになった頃、プロモーション効果も落ちたらしい。

ま、そうなるよね。(笑)



広告宣伝活動に関する無料相談(メール&電話にて)、
無料制作アドバイス(コピー&ホームページ)、
及び資料(プロフィール詳細版&料金・割引プラン)の請求はコチラから
  
Posted by コピーライターとよだ at 15:02Comments(0)広告

2010年07月14日

「手作りプッチンプリン」はなぜ売れた?

今日からちょいちょい、備忘録として、今年上半期のヒット商品を採り上げていきます。

一つ目は「手作りプッチンプリン」。



既製品の「手作りキット」という商品バリエーションは昔からあるので、それだけでは爆発的ヒットには至らなかったはず。
ではヒットの要因はどこにあったのか、大きなポイントは二つあったようです。

まず「容器をひっくり返して『大きいのにプッチンできる』という驚き」を、プロモーションでしっかり想像させたこと。
そして作り方をわざと難しくしたことで、出来た瞬間「プッチンプリンを自分で作った感動」を肥大化させ、誰かに伝えたい衝動に火をつけ、ブログ・SNS・ツイッターで口コミを自然派生させたこと。

まさに現代的ヒットの王道です。

因みに説明書には、「プッチンへの道は厳しい」と書いてある様子。
・・・去年のクリスマスと今年のバレンタインの商戦で売るつもりが、去年でほとんど売り切れたこの商品も、やはり“言葉の演出”に手抜きはなかったようです。



広告宣伝活動に関する無料相談(メール&電話にて)、
無料制作アドバイス(コピー&ホームページ)、
及び資料(プロフィール詳細版&料金・割引プラン)の請求はコチラから
  
Posted by コピーライターとよだ at 02:02Comments(0)ヒット商品

2010年07月13日

ブランディングか、あるいは販売促進か。



これはとあるコンビニの入り口にあったもの。

「いつか高価格帯でも指名買いしてもらうためのブランディング」も、
「おまけや値引きも駆使してすぐに買ってもらうための販売促進」も、
「愛される店づくり」ではありますが、
愛犬家のお客のために施したこのサービスは、特定の商品を買わせようとはしてないのでブランディングでしょうね。

「不況は政治のせいだ! 何とかしろ!」
と叫ぶのは、政治の怠慢予防のために必要でしょうけど、結局勝ち残るのは、お客さんに愛されるために、こういった小さなマーケティングを積み重ねていく企業ではないでしょうか?


広告宣伝活動に関する無料相談(メール&電話にて)、
無料制作アドバイス(コピー&ホームページ)、
及び資料(プロフィール詳細版&料金・割引プラン)の請求はコチラから
  

Posted by コピーライターとよだ at 13:03Comments(0)マーケティング

2010年07月12日

福岡広告協会賞 その4



「逆上がりできた日、
ちゃんぽんが少しだけ豪華だった」。
というキャッチに、ビジュアルは上下逆になった町の風景。

キャッチは情緒的で、ちゃんぽんが持つ「家庭料理」というキャラをうまく強調できています。
が、今一つリアリティを感じないのは、このビジュアルから「公園」も「校庭」も想像できなかったからでしょう。

惜しい広告です。



広告宣伝活動に関する無料相談(メール&電話にて)、
無料制作アドバイス(コピー&ホームページ)、
及び資料(プロフィール詳細版&料金・割引プラン)の請求はコチラから
  
Posted by コピーライターとよだ at 18:02Comments(0)広告賞

2010年07月10日

言ノ葉組ニューフェイス紹介。

ホームページクリエイターの小野さん@オノファクトリーhttp://onodes.netです。

それにしても、「福岡 WEB フリーランス」で検索して最初に上がって来た該当者と提携できたのは幸運でした。

彼の自己PRも載せている言ノ葉組ラインナップはこちらです。
http://kotonoharb.yoka-yoka.jp/e483767.html




広告宣伝活動に関する無料相談(メール&電話にて)、
無料制作アドバイス(コピー&ホームページ)、
及び資料(プロフィール詳細版&料金・割引プラン)の請求はコチラから
  
Posted by コピーライターとよだ at 13:18Comments(0)言ノ葉組 ドキュメント

2010年07月08日

福岡広告協会賞 その3

これも印象に残ったコピーです。



「中」と「仲」で韻を踏みつつも、意味で無理を感じさせない技術が光ってます。

とはいえ、酒造メーカーの企業広告で、ビジュアルで杜氏を登場させるなら、語尾を「あたためます」という話し言葉にして、
この杜氏が語りかけている雰囲気にした方が良いでしょうね。

僕が公式サイトhttp://kotonohaya.aikotoba.jp/の営業方針の中で表明している
「ディレクション/コトバとビジュアルの相乗効果を」
は、例えばこういうことでもあります。


広告宣伝活動に関する無料相談(メール&電話にて)、
無料制作アドバイス(コピー&ホームページ)、
及び資料(プロフィール詳細版&料金・割引プラン)の請求はコチラから




-それにしてもバックが白〜グレーにも関わらずコピーの色を白にするディレクションは、僕には考えられないですね。
広告効果を第一に考えれば、こんなにもコピーが読みづらくなる仕上げはありえないと思うのですが・・・。  

Posted by コピーライターとよだ at 19:03Comments(0)広告賞

2010年07月06日

残念な広告センス。



どの党か書かずに広告する意味ってあるんでしょうか?

因みに僕は「安い」ことがわかっても「業種」がわからないチラシも見たことがあります。

広告・販促を全て自社で制作すると、こんな落とし穴は随所にあるわけです。

御社は大丈夫ですか?  
Posted by コピーライターとよだ at 17:12Comments(0)広告

2010年07月05日

ソールドアウト!!

梅雨時だけの限定プランhttp://kotonoharb.yoka-yoka.jp/e482845.htmlが完売となりました。
当初は梅雨明け宣言まで受け付けする予定でしたが、マーケティング情報の把握に多くの時間が必要なBtoB案件が二つ入ったため、早めに閉め切らせていただきました。

ただ、広告宣伝に関する無料相談(メール&電話)と無料制作アドバイス(コピー&ホームページ)は引き続き行っています。
自社の広告宣伝を、本気で「最適化」をされたい方は、お気軽にご相談を。


広告宣伝に関する無料相談(メール&電話にて)、
無料制作アドバイス(コピー&ホームページ)、
及び資料(プロフィール詳細版&料金・割引プラン)の請求はコチラから
  
Posted by コピーライターとよだ at 17:11Comments(0)仕事

2010年07月02日

岡田監督、最後の采配。

それはきっと、帰国後のあの記者会見で、数人の選手にモノマネを振った場面ではなかったでしょうか?

つまり
W杯終了とともに解散することが決まっていただけに、
「この素晴らしいメンバーであと一試合でいいからさせてやりたかった」。
でもそれが叶わなかったから、せめて最後の記者会見で、「みんなで笑って楽しかった」という思い出を、もう一つ残したと思うのです。

この方は、「お金で買えない価値」がどんなところにあるのか、ちゃんとわかっているんですね。  
Posted by コピーライターとよだ at 21:44Comments(0)時事ネタ

2010年07月01日

お申し込みぞくぞく。

ありがたいことにこちらのキャンペーンhttp://kotonoharb.yoka-yoka.jp/e482845.htmlが好評です。


ただ、納品までの時間があまりに伸びるのも避けたいので、受け付けはあと一社のみとさせていただきます。



広告宣伝に関する無料相談(メール&電話にて)、
無料制作アドバイス(コピー&ホームページ)、
及び資料(プロフィール詳細版&料金・割引プラン)の請求はコチラから
  
Posted by コピーライターとよだ at 21:22Comments(0)近況