オーナーへメッセージ
プロフィール
コピーライターとよだ
コピーライターとよだ
最新SNSの流行が何度訪れようと、結局はSNSもメディア(情報の入れ物)に過ぎません。                 SEOに至っては、それ以前の話です。「地域+業種名」でHPが検索1位になったところで、そこに魅力を感じなければ人は去り、ライバル企業に流れていきますからね。                  また、通販サイトの売上が、キャッチコピーやセールス文の書き方一つで乱高下することは、よく知られた話。             
  そしてこれはあらゆるメディアにおいても変わることのない事実です。(なぜなら人の心はメールの言葉遣い一つでも近づいたり離れたりする、繊細なものだからです。)                   …にも関わらず、巷のキャッチフレーズ(キャッチコピー)やセールス文は、ターゲットやユーザーの心を掴み、商売繁盛につなげることが役割なのに、なんと手抜きが多いことでしょう…。            でもこれは逆に考えると、多くのケースにおいて、「言葉の最適化」によって他社より効果的な広告と販売促進を展開できる好環境でもあります。                とりあえず、デザイナーに「コピーもついでに…」と頼んでいる経営者は、“パティシエがついでに握った寿司”をおいしいと思えるのか、一度冷静に考えてみてはいかがでしょう?                -と、こんな話をする私の仕事は、依頼主のマーケティングの現状を検証した上で、ターゲットの理性と感情をとらえる広告・販促をご提案することです。                また私はツール制作をご依頼される場合、フリーランスを中心としたネットワークを活用し、ご依頼の案件ごとに制作ユニットを組むことで、ワンストップ制作をリーズナブルな料金でご提供しています。                制作ネットワーク「言ノ葉組」紹介ページへは、カテゴリーのプロフィールからお進みください。                因みに私はIT専門学校デジタルハリウッド(福岡校)にてコピー講師経験もあります。
そして最後の講義で受講生に伝えたメッセージは、「言ノ葉家」サイトの【経歴&実積】にてご覧いただけます。                           「言ノ葉家」へは、「お気に入り」の一番下からどうぞ。                        福岡在住ですが、ご要望があれば全国対応します。

       【リンクフリー】
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
インフォメーション
アクセスカウンタ
< 2017年06月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

  
Posted by at

2014年07月21日

「高い芸術性」と「低い経営貢献度」

街頭広告で何の商品かわかる距離から見ても読めないようにコピーをレイアウトする
「なんちゃって広告デザイナー」は、
デザインのプロであっても広告のド素人です。





だからあまり経営に貢献出来ません。



ホームサイト http://www.kotonoha-ya.jp/
依頼主の声 http://kotonoharb.yoka-yoka.jp/e605489

福岡のマーケティングコピーライター・言ノ葉家への
広告販促ツール(ワンコイン)コンサル、(料金&割引プランの完全版を含む)資料請求、
&ご対面希望の方はコチラから!


▼▼▼▼▼
▼▼▼▼
▼▼▼
▼▼





各種お問い合わせ&ご対面希望
  

Posted by コピーライターとよだ at 15:08Comments(0)デザイン

2013年10月24日

なんで「カンフー牛」?



果たしてこの「カンフー牛」というイメキャラは、
この引っ越し会社のブランド構築に役立っているのか…
あるいは経営者とデザイナーの自己満足か…

割と興味深い。





「お手頃価格でコピーも効いてるWeb制作サービス」http://more.co.jp/kotonoha/
ワンモア・プロフィール http://kotonoharb.yoka-yoka.jp/e93860.html
依頼主の声 http://kotonoharb.yoka-yoka.jp/e605489.html

福岡のマーケティングコピーライター・言ノ葉家への
広告販促ツール無料診断、(料金&割引プランの完全版を含む)資料請求、
訪問自己プレゼンのオーダーはコチラから。
  

Posted by コピーライターとよだ at 20:08Comments(0)デザイン

2013年08月18日

お茶でお茶を濁した?

食品だけでなく衣類も食器も家電も売ってるこの店で、
このキャッチで「色違いのお茶だけ」をビジュアル素材に使う意図が読み取れない。




これってもしや
デザイナーの自己満足?
あるいは・・・

「お手頃価格でコピーも効いてるWeb制作サービス」http://more.co.jp/kotonoha/
ワンモア・プロフィール http://kotonoharb.yoka-yoka.jp/e93860.html
依頼主の声 http://kotonoharb.yoka-yoka.jp/e605489.html

福岡のマーケティングコピーライター・言ノ葉家への
広告販促ツール無料診断、(料金&割引プランの完全版を含む)資料請求、
訪問自己プレゼンのオーダーはコチラから。



  

Posted by コピーライターとよだ at 13:16Comments(0)デザイン

2012年10月31日

変な広告デザイン

地下鉄の駅で見かけた広告。商材は「電車の旅」。




コピーはその魅力を的確に言い当てているが、デザインの意図がわからない。

「向かい合って座ったら…」
って、並んで言われても、何だかな~。



「お手頃価格でコピーも効いてるWeb制作サービス」http://more.co.jp/kotonoha/
言ノ葉家サイトhttp://kotonohaya.aikotoba.jp/
ワンモア・プロフィール http://kotonoharb.yoka-yoka.jp/e93860.html
依頼主の声 http://kotonoharb.yoka-yoka.jp/e605489.html

福岡のマーケティングコピーライター・言ノ葉家への
広告販促ツール無料診断、セミナー講師、資料請求、訪問自己プレゼンのオーダーはコチラから。
  

Posted by コピーライターとよだ at 22:18Comments(0)デザイン

2012年06月12日

ビジュアルランゲージの過信にご用心。



例えばユニクロのロゴの赤が「渋め」から「鮮やか」に変わる時、
そこに柳井会長とアートディレクターがどんなに深く熱い想いを込めたかは、
結局言葉にしないと伝わりません。


出来てますか? 言葉の最適化。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★











1 more プロフィール
http://kotonoharb.yoka-yoka.jp/c6197.html

福岡のマーケティングコピーライター・言ノ葉家への
広告販促ツール(ワンコイン)コンサル、(料金&割引プランの完全版を含む)資料請求、
&ご対面希望の方はコチラから!

▼▼▼▼▼
▼▼▼▼
▼▼▼
▼▼


各種お問い合わせ&ご対面希望



  

Posted by コピーライターとよだ at 19:55Comments(0)デザイン

2011年08月11日

デザインは、マーケティング戦略そのものにもなる。

その代表例が、
「機能しか売られていない市場に、デザインという概念を取り入れること」
です。

〈参照〉http://n.m.livedoor.com/a/d/5778820?n=1  
Posted by コピーライターとよだ at 21:50Comments(0)デザイン

2009年09月30日

シルエットは想像力を掻き立てる。



生活者の想像力を掻き立てるコピーやデザインの作り方はいろいろとありますが、このデザインは今までの僕の引き出しにはありませんでした。
今時ハウスメーカーのチラシで、「取ってつけたような家族の笑顔」に目をとめる生活者は、ほとんどいないでしょう。
そう考えると、「職人のひたむきな仕事」を想像させるこのビジュアルは、なかなかの効果を発揮しているのでは?

ただ惜しむらくは、多くの生活者にとって未知であるセールスポイントを、一つのキャッチに二つ詰め込んでしまったことでしょうね。
時期を分けて一つずつ丁寧に訴求すれば、記憶への定着も上がったはずなに・・・もったいないことです。




広告・コピーに関するご相談(無料)
or
資料(プロフィール詳細版&料金・割引プラン)請求はコチラから


※資料は郵送します。








  
Posted by コピーライターとよだ at 13:39Comments(0)デザイン

2009年08月20日

The 原寸大訴求。

上手いデザインを見つけました。





新聞一面の両端に届きそうな秋刀魚。

キャッチは「秋刀魚の長さが、胃に余る。」
サブコピーは「胃腸も身体も疲れ気味…【未病】」
説明文では、この流れを引き継ぎ、ちゃんとセールスポイントまで落とし込んでいます。

商品は養命酒。

養命酒の広告は、5年くらい前からキャッチで広告業界での注目を集めてきましたが、今回も上手いですね。

もし「そうかぁ?」と思う方がいらっしゃったら、代案を考えてみてはどうでしょう?
「秋刀魚の長さが、胃に余る。」
を、意味を変えずにもっと短く、もっと印象強くなるように、変えてみるのです。

恐らくこれでほとんどの方が、コピーにおけるプロとアマに違いに気づいてもらえるでしょう。

私も同じ経験を経て今に至り、今は自分より上手いことに嫉妬したり、自分より下手なのに自分より大きな仕事をしてることに嫉妬したり、どっちにしろ、嫉妬してます。(笑)

さて、今日の本題はコピーではなくデザインです。

秋刀魚のイラストを、その長さが際立つように、恐らく原寸大で新聞紙面に横たわらせています。
ではなぜそうしたのでしょうか?
それは
「秋刀魚の長さが、胃に余る。」
というキャッチとともに、胃腸の弱りを想起させ、「養命酒が欲しい」と思わせるためです。

これは、明解な企画のもとにコピーとデザインが相乗効果を生んだ、良い例と言えます。

もっともイラストではなく写真にした方が、シズル(質感)効果でもっと胃腸の弱りを想起させることはできたでしょう。
でもそこは、
「秋刀魚を悪者にし過ぎない」
という、魚屋さんへの配慮だと思います。

余談ですが、私は昔、一流クリエイターが教えるコピーライター養成講座にて、
「コピーとデザインで同じことを伝えるのはムダになる。付かず離れずの関係が良い」
という、あいまいな指導をされたことがあります。
でもこれは、「制作者の自己満足に陥りやすい」非常に危険な考えだと、僕は思います。
そして未だにちらほら見かける、
「全く広告効果に寄与するとは思えない、作った人達にしかその良さがわからない広告デザイン」
は、恐らく広告業界内で生まれた忌まわしい呪縛から逃れていないのでしょう。  
Posted by コピーライターとよだ at 18:18Comments(0)デザイン

2009年06月08日

惜しいデザイン。

前回の続き。

ただデザインについては、クロネコの背中に乗る家族の中に、クロネコのスタッフさんがいた方が良かったのでは?
もちろん、「スタッフ=クロネコ」という意図で作られたデザインだとは思いますが、リアルなスタッフが家族と一緒に写真で登場してこそ、“家族の一員”であることを最大限に訴求できたと思うのです。
(ま、僕の主観かもしれませんけどね。)
  
Posted by コピーライターとよだ at 22:28Comments(0)デザイン

2009年04月02日

ナイス看板!!





久々に、ピタッと足が止まる看板に出会いました。
  続きを読む
Posted by コピーライターとよだ at 19:22Comments(0)デザイン