オーナーへメッセージ
プロフィール
コピーライターとよだ
コピーライターとよだ
最新SNSの流行が何度訪れようと、結局はSNSもメディア(情報の入れ物)に過ぎません。                 SEOに至っては、それ以前の話です。「地域+業種名」でHPが検索1位になったところで、そこに魅力を感じなければ人は去り、ライバル企業に流れていきますからね。                  また、通販サイトの売上が、キャッチコピーやセールス文の書き方一つで乱高下することは、よく知られた話。             
  そしてこれはあらゆるメディアにおいても変わることのない事実です。(なぜなら人の心はメールの言葉遣い一つでも近づいたり離れたりする、繊細なものだからです。)                   …にも関わらず、巷のキャッチフレーズ(キャッチコピー)やセールス文は、ターゲットやユーザーの心を掴み、商売繁盛につなげることが役割なのに、なんと手抜きが多いことでしょう…。            でもこれは逆に考えると、多くのケースにおいて、「言葉の最適化」によって他社より効果的な広告と販売促進を展開できる好環境でもあります。                とりあえず、デザイナーに「コピーもついでに…」と頼んでいる経営者は、“パティシエがついでに握った寿司”をおいしいと思えるのか、一度冷静に考えてみてはいかがでしょう?                -と、こんな話をする私の仕事は、依頼主のマーケティングの現状を検証した上で、ターゲットの理性と感情をとらえる広告・販促をご提案することです。                また私はツール制作をご依頼される場合、フリーランスを中心としたネットワークを活用し、ご依頼の案件ごとに制作ユニットを組むことで、ワンストップ制作をリーズナブルな料金でご提供しています。                制作ネットワーク「言ノ葉組」紹介ページへは、カテゴリーのプロフィールからお進みください。                因みに私はIT専門学校デジタルハリウッド(福岡校)にてコピー講師経験もあります。
そして最後の講義で受講生に伝えたメッセージは、「言ノ葉家」サイトの【経歴&実積】にてご覧いただけます。                           「言ノ葉家」へは、「お気に入り」の一番下からどうぞ。                        福岡在住ですが、ご要望があれば全国対応します。

       【リンクフリー】
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
インフォメーション
アクセスカウンタ
< 2017年08月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2011年12月15日

福岡コピーライターズクラブ賞公開審査会

先週末は福岡コピーライターズクラブ賞公開審査会の審査員として・・・
 
 
  






  続きを読む
Posted by コピーライターとよだ at 21:32Comments(0)広告賞

2010年07月12日

福岡広告協会賞 その4



「逆上がりできた日、
ちゃんぽんが少しだけ豪華だった」。
というキャッチに、ビジュアルは上下逆になった町の風景。

キャッチは情緒的で、ちゃんぽんが持つ「家庭料理」というキャラをうまく強調できています。
が、今一つリアリティを感じないのは、このビジュアルから「公園」も「校庭」も想像できなかったからでしょう。

惜しい広告です。



広告宣伝活動に関する無料相談(メール&電話にて)、
無料制作アドバイス(コピー&ホームページ)、
及び資料(プロフィール詳細版&料金・割引プラン)の請求はコチラから
  
Posted by コピーライターとよだ at 18:02Comments(0)広告賞

2010年07月08日

福岡広告協会賞 その3

これも印象に残ったコピーです。



「中」と「仲」で韻を踏みつつも、意味で無理を感じさせない技術が光ってます。

とはいえ、酒造メーカーの企業広告で、ビジュアルで杜氏を登場させるなら、語尾を「あたためます」という話し言葉にして、
この杜氏が語りかけている雰囲気にした方が良いでしょうね。

僕が公式サイトhttp://kotonohaya.aikotoba.jp/の営業方針の中で表明している
「ディレクション/コトバとビジュアルの相乗効果を」
は、例えばこういうことでもあります。


広告宣伝活動に関する無料相談(メール&電話にて)、
無料制作アドバイス(コピー&ホームページ)、
及び資料(プロフィール詳細版&料金・割引プラン)の請求はコチラから




-それにしてもバックが白〜グレーにも関わらずコピーの色を白にするディレクションは、僕には考えられないですね。
広告効果を第一に考えれば、こんなにもコピーが読みづらくなる仕上げはありえないと思うのですが・・・。  

Posted by コピーライターとよだ at 19:03Comments(0)広告賞

2010年06月28日

福岡広告協会賞 その2

今回一番上手いと思ったコピーがコレです。



言いたいこと(=広告コンセプト)は
「このお酒で酔っぱらうと楽しいよ」
といったところ。

でもそれをそのまま言ったところで誰もその気になってくれません。
だからコピーライターの出番となるわけです。

そしてこのコピーは、微妙な現実味を突いた着眼点が光ってますね。
商品が持つ世界観と重なる範囲で、「当たり前」と「あり得ない」の間にある、人の機微をうまく切り取っています。

そもそもコピーの切り口には、「当たり前」もあれば「あり得ない」もあります。
でもこのコピーはそのどちらにも偏らないことで、“読み流せない強さ”を持っています。

はっきり言ってこのコピーは、よほど「人に詳しく」なければ書けません。
正直、嫉妬しました。。。  

Posted by コピーライターとよだ at 18:52Comments(0)広告賞

2010年06月22日

福岡広告協会賞 その1



再(ふたたび)び・・・って、こんなダブリを放置してたら賞のステイタスが落ちますよ。。。  

Posted by コピーライターとよだ at 11:33Comments(0)広告賞

2009年04月07日

朝日広告賞 結果発表

今朝の朝日新聞より。

二部の一等賞はこちら。





  続きを読む
Posted by コピーライターとよだ at 18:28Comments(0)広告賞

2009年03月11日

毎日広告デザイン賞 結果発表

今朝の毎日新聞より。



「全国高校ラグビー大会」を広告するにあたり、「洗練され優しくなった男現代の男達へのアンチテーゼ」という視点のもと、猛牛をモチーフにしたデザインはお見事でした。

やはり、

  続きを読む
Posted by コピーライターとよだ at 22:55Comments(1)広告賞

2009年03月02日

勝手に豊田賞@宣伝会議賞

宣伝会議賞(全国キャッチフレーズコンクールhttp://www.sendenkaigiaward.com/chronicle/46/)の結果が発表されました。

  続きを読む
Posted by コピーライターとよだ at 08:28Comments(0)広告賞

2008年07月20日

勝手に豊田賞@福岡広告協会賞5



<グランプリ>

僕にはコレが一番でした。
これは人生ゲームをモチーフにした新聞広告で、真ん中の大きなワクには「飲酒運転で事故を起こす」と書いてあり、それ以降のワクには裁判や懲役など様子がリアルに書かれています。
  続きを読む
Posted by コピーライターとよだ at 22:24Comments(0)広告賞

2008年07月19日

勝手に豊田賞@福岡広告協会賞4




<ナイスデザイン賞>

このデザインは、商品にちゃんとリンクしていた。
  続きを読む
Posted by コピーライターとよだ at 20:24Comments(0)広告賞

2008年07月18日

勝手に豊田賞@福岡広告協会賞3



<イメージ・スイッチ賞>

これはバレンタインが楽しみな男女の想像力を心地よく刺激したのではないだろうか?
  続きを読む
Posted by コピーライターとよだ at 12:08Comments(0)広告賞

2008年07月17日

勝手に豊田賞@福岡広告協会賞2




<惜しいデザインで賞>

というのは、これは「福岡スケッチ」という雑誌の創刊キャンペーンとして
「sketch dogeza campaign」(これを略してSDCと呼んでしまう編集部の感覚は好きです。)
を行い、その決定的場面をビジュアルに使った広告なんですが、僕から見ると、あと一歩、詰めが甘かったと思います。


  続きを読む
Posted by コピーライターとよだ at 22:28Comments(0)広告賞

2008年07月16日

勝手に豊田賞@福岡広告協会賞1


<ご・・・ご無体で賞>

す、すみません!
ひとしきり毒を吐き終えて、あとは気に入った広告を褒めちぎるつもりでしたが、まだ一つヤジが残ってました。

  続きを読む
Posted by コピーライターとよだ at 22:31Comments(0)広告賞

2008年07月15日

福岡広告協会賞へのヤジ2

-賞穫りに利用されてなければ良いのだが-

一見、どれも印象的なコピーだが、街でビッグイシュー(http://www.bigissue.jp/about/index.html)を買う人を未だ一度も見てない僕としては、こういったブランドコピー(あるいはコンセプトコピー)もあっていいけど、
売るための「販促コピー」つまり「300円出す価値があることを伝えるコピーも、どこかで書いていて欲しいと思いました。

  続きを読む
Posted by コピーライターとよだ at 22:28Comments(0)広告賞

2008年07月14日

福岡広告協会賞へのヤジ



グランプリに選ばれた不動産会社のCMは、「会社の近くに引っ越せば朝がラク」という生活者の視点には納得できましたが、タグライン(シメのコピー)がちょっと残念でした。

  続きを読む
Posted by コピーライターとよだ at 08:19Comments(0)広告賞