オーナーへメッセージ
プロフィール
コピーライターとよだ
コピーライターとよだ
最新SNSの流行が何度訪れようと、結局はSNSもメディア(情報の入れ物)に過ぎません。                 SEOに至っては、それ以前の話です。「地域+業種名」でHPが検索1位になったところで、そこに魅力を感じなければ人は去り、ライバル企業に流れていきますからね。                  また、通販サイトの売上が、キャッチコピーやセールス文の書き方一つで乱高下することは、よく知られた話。             
  そしてこれはあらゆるメディアにおいても変わることのない事実です。(なぜなら人の心はメールの言葉遣い一つでも近づいたり離れたりする、繊細なものだからです。)                   …にも関わらず、巷のキャッチフレーズ(キャッチコピー)やセールス文は、ターゲットやユーザーの心を掴み、商売繁盛につなげることが役割なのに、なんと手抜きが多いことでしょう…。            でもこれは逆に考えると、多くのケースにおいて、「言葉の最適化」によって他社より効果的な広告と販売促進を展開できる好環境でもあります。                とりあえず、デザイナーに「コピーもついでに…」と頼んでいる経営者は、“パティシエがついでに握った寿司”をおいしいと思えるのか、一度冷静に考えてみてはいかがでしょう?                -と、こんな話をする私の仕事は、依頼主のマーケティングの現状を検証した上で、ターゲットの理性と感情をとらえる広告・販促をご提案することです。                また私はツール制作をご依頼される場合、フリーランスを中心としたネットワークを活用し、ご依頼の案件ごとに制作ユニットを組むことで、ワンストップ制作をリーズナブルな料金でご提供しています。                制作ネットワーク「言ノ葉組」紹介ページへは、カテゴリーのプロフィールからお進みください。                因みに私はIT専門学校デジタルハリウッド(福岡校)にてコピー講師経験もあります。
そして最後の講義で受講生に伝えたメッセージは、「言ノ葉家」サイトの【経歴&実積】にてご覧いただけます。                           「言ノ葉家」へは、「お気に入り」の一番下からどうぞ。                        福岡在住ですが、ご要望があれば全国対応します。

       【リンクフリー】
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
< 2017年12月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2011年09月27日

マーケティングコピーライターの条件とは?

今から15年前、僕にとって初めての師匠が授けてくれた本には、
「コピーライターの条件」という序文がありました。

今日はその中のいくつかのポイントを、今の世相を踏まえ、
マーケティングコピーライターの視点から加筆修正してみます。



1.幅広い教養。
「知識や情報」という牧草を食べ、コピーというミルクを出す。
その牧草は、与えられるものだけでは決して足りない。
それだけで満足していたら、
わざわざ依頼したくなるマーケティングコピーライターには、永久になれない。

2.世の中の動きを見切ること。
「歌は世につれ、世は歌につれ」は、全てのプロモーションにも言えること。
例えば、ユーザーのことを知ってるつもりでも、
自社の商品やサービスを使っていない時のユーザーをあまり知らない依頼主に対し、
その視野を広げさせ、今よりもっと愛されるキッカケを見つけられるようにすることも大切な仕事。

3.経営に役立つプロモーションアイデアの提供。
「あらゆる表現に対する鋭い直感、
 そして既存事実を組み替えて新しい魅力を生み出す力を持て」
(レオ・バーネットの言葉)

4.豊かな表現力。
その商品やサービスの存在理由を、感動的な物語に仕立てる。
もちろん、「ウソ・大げさ・紛らわしい」を避けて・・・。
そのためには、例えばアスファルトとコンクリートの間に咲くタンポポを見た時、
「タンポポ」「雑草」以外に、「環境」や「生命力」といった言葉に思い至る感性が大切。

5.ビジネスセンス。
広告クリエイターはそもそも広告マンであり、
広告マンの第一条件は、セールスマンであること。
(ロッサー・リーブスの言葉)

6.ビジュアルセンス。
コトバとビジュアルの相乗効果を、常に最大化させること。

7.パートナーシップ。
(主に)経営者からいかに早くビジネスパートナーと認められるか?
それこそが、オファーのタイミングを近づけ、
そして(時には激論を交えた制作過程の先にある)新しいプロモーションを早く生み出し、
経営に貢献する日を近づけるカギとなる。

8.冷静かつ情熱的プレゼン。
なぜこの企画と表現が最も経営に貢献できるのか、論理的に説明できなければ、依頼主は納得できない。
そして理想は、プレゼンに触発された依頼主が、プロモーションとの連動を最大化させ、
ブランドの確立や向上につなげるため、
自社の全マーケティング要素を改めて見直さずにはいられなくなること。
目指すは常に「説得力を超えた納得力」。

9.豊かな人間性
商品やサービスでせっかく差別化に成功しても、すぐに均質化することが多い今、
最新のSNSを使うことだけで見つけられた、あるいは繋ぎ留められたお客は、
結局また次に流行るメディアを使いこなさなくては維持できません。
そこにかける労力は、企業が本来望んでいるものでしょうか?
本来は商品やサービス、あるいはビジネスモデルの開発などを究め、多くのリピーターから賞賛され、
その業界で確固たる地位を築くことを望んでいるのではないでしょうか?
そう考えるとマーケティングコピーライターには、企業の経営活動による固定ファン増大に貢献するため、
人々のあらゆる(潜在的な)感情や欲求を把握する必要があります。
そのためには日々、自らの人間性を(少しずつでも)磨き続け、この世に存在する喜怒哀楽を、
どこまでも詳しく知り尽くすことが使命と言えます。








ワンモア・プロフィール http://kotonoharb.yoka-yoka.jp/e93860.html
依頼主の声 http://kotonoharb.yoka-yoka.jp/c35039.html

福岡のマーケティングコピーライター・言ノ葉家への
広告販促ツール(ワンコイン)診断、(料金&割引プランの完全版を含む)資料請求、
&ご対面希望の方はコチラから!


▼▼▼▼▼
▼▼▼▼
▼▼▼
▼▼





各種お問い合わせ&ご対面希望


同じカテゴリー(仕事)の記事画像
出来過ぎなシチュエーション
光栄な実績
モーニングBiz栗山プロデューサーからの評価
振り返るマーケティングコピーライトな個別コンサル
個別コンサルにお申し込み頂きました
楽天から仕事が来る?!
同じカテゴリー(仕事)の記事
 即申し込み…。 (2014-11-12 12:24)
 出来過ぎなシチュエーション (2014-11-12 11:28)
 通常より嬉しい見積もりオファーとは? (2014-10-24 23:42)
 30代で重大だった十題ニュース (2014-10-18 11:28)
 光栄な実績 (2014-10-13 19:08)
 「短いキャッチフレーズ」の書き方例 (2014-10-11 19:18)
Posted by コピーライターとよだ at 14:09│Comments(0)仕事
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。