オーナーへメッセージ
プロフィール
コピーライターとよだ
コピーライターとよだ
最新SNSの流行が何度訪れようと、結局はSNSもメディア(情報の入れ物)に過ぎません。                 SEOに至っては、それ以前の話です。「地域+業種名」でHPが検索1位になったところで、そこに魅力を感じなければ人は去り、ライバル企業に流れていきますからね。                  また、通販サイトの売上が、キャッチコピーやセールス文の書き方一つで乱高下することは、よく知られた話。             
  そしてこれはあらゆるメディアにおいても変わることのない事実です。(なぜなら人の心はメールの言葉遣い一つでも近づいたり離れたりする、繊細なものだからです。)                   …にも関わらず、巷のキャッチフレーズ(キャッチコピー)やセールス文は、ターゲットやユーザーの心を掴み、商売繁盛につなげることが役割なのに、なんと手抜きが多いことでしょう…。            でもこれは逆に考えると、多くのケースにおいて、「言葉の最適化」によって他社より効果的な広告と販売促進を展開できる好環境でもあります。                とりあえず、デザイナーに「コピーもついでに…」と頼んでいる経営者は、“パティシエがついでに握った寿司”をおいしいと思えるのか、一度冷静に考えてみてはいかがでしょう?                -と、こんな話をする私の仕事は、依頼主のマーケティングの現状を検証した上で、ターゲットの理性と感情をとらえる広告・販促をご提案することです。                また私はツール制作をご依頼される場合、フリーランスを中心としたネットワークを活用し、ご依頼の案件ごとに制作ユニットを組むことで、ワンストップ制作をリーズナブルな料金でご提供しています。                制作ネットワーク「言ノ葉組」紹介ページへは、カテゴリーのプロフィールからお進みください。                因みに私はIT専門学校デジタルハリウッド(福岡校)にてコピー講師経験もあります。
そして最後の講義で受講生に伝えたメッセージは、「言ノ葉家」サイトの【経歴&実積】にてご覧いただけます。                           「言ノ葉家」へは、「お気に入り」の一番下からどうぞ。                        福岡在住ですが、ご要望があれば全国対応します。

       【リンクフリー】
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
< 2018年02月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

2008年11月18日

JAAAクリエイティブ研究会@都久志会館

佐藤さんの仕事の中では、やはりリクナビ(http://m.youtube.com/watch?desktop_uri=%2Fwatch%3Fv%3DKkh83NgHRmQ&v=Kkh83NgHRmQ&warned=1&client=mv-google&gl=JP&hl=ja)が良かった。
特に「スポーツバーで応援」というシチュエーションについて、

「“就活がんばれよ”という<上から目線>でもなく、逆に“応援させてください”という<下から目線>でもなく、情熱的に応援するけど、間接的で本人には届かない存在」
というミソを聞いた時は、素直に勉強になった。
こんなメッセージを伝える時は、やはり言葉よりもビジュアルの方が向いているのだろう。

CMではなく番組を見るためにTVをつけている視聴者は、そんな意図には絶対気づかないと思うが、「リクナビって、学生の就活も応援してるんやね」という印象が嫌みなく残る。
「生活者にとってすべてのTVCMは、見たい番組の途中に割り込んで来る“聞きたくもない自慢話”」
という前提を踏まえると、「企業活動の印象が嫌みなく残る」だけでも、CMとしては大成功と言える。

そこに到達するには「緻密な戦略」の上に「感性豊かな表現」が必要なのだろう。

他では朝生さんがSOYJOYのCMで田中麗奈が言ってた「コレ、大豆ですから」という“言い訳”を振り返り、
「人間の駄目なところを描くと共感を得られる」と言っていた。
似たような話は今までにも見聞きしていたが、なんとなく印象に残った。
また、門田さんは「YesともNoとも言えない気持ちを表現するといい」みたいな話をしていた。

あとは横澤さんのサブコピー・ノウハウ(特に週刊少年チャンピオン)はぜひ盗みたいと思った。
「商品ありき」から作るとキャッチする力が弱くなり、「キャッチフレーズ
ありき」から作るとクライアントが「もっと売れそうなものを」と言って来る。(笑)
多くのコピーライターが日々、その辺りで悩んでいることを踏まえると、この人が持つ「ターゲットの心をキッチリ掴んでから無理を感じさせずに商品に落とし込むセンス」は次元が違うと思った。
(まあ、本人も認める通り「商品に落ちてない」言葉遊びもいくつかあったが。。。)



-で、今年の総合的な印象としては、「来年・再来年の方が楽しみ」といったところでした。

というのは今回紹介された制作物はほとんど’06年に作られたもので、当時は小泉首相の大都市&大企業優先型の景気対策が功を奏していたため、クライアントからの制約も緩かったのでは?と想像できたからです。

逆に同じイベントで、それより前の不況まっただ中の頃に作られた制作物が紹介された年は、「どう伝えるか」という表現以前の、「誰に何を伝えるか」という戦略的な話を多く聞けました。

日頃、中小企業の案件を中心に仕事をしている自分としては、経営者の方からなるべく早い段階で「プロモーション・パートナー」として認めていただく必要があるわけで、そのためには「経営に明るい広告屋」でなければなりません。

そう考えると、今年はちょっと「戦略」よりも「表現」に寄ってる話題が多く、大手広告代理店に属して大手企業の案件を手がける、一部のクリエイター以外から見ると、実用性がやや低かったような気がしました。
(ま、僕の個人的な所感ですが。。。)
同じカテゴリー(JAAAクリエイティブ研究会)の記事画像
加齢なる涙腺。
ニューヨーカー電通マンの講演を見て。
宇宙とかチュウとか・・・。
九州を代表する広告クリエイターの講演を見て…。 
大物CMプランナーへの「のびのびトーク」 The Last
大物CMプランナーへの「のびのびトーク」 其の参
同じカテゴリー(JAAAクリエイティブ研究会)の記事
 加齢なる涙腺。 (2012-12-14 13:02)
 ニューヨーカー電通マンの講演を見て。 (2012-12-12 13:21)
 宇宙とかチュウとか・・・。 (2012-12-10 12:55)
 九州を代表する広告クリエイターの講演を見て…。  (2012-12-07 13:14)
 大物CMプランナーへの「のびのびトーク」 The Last (2011-12-07 21:35)
 大物CMプランナーへの「のびのびトーク」 其の参 (2011-11-24 12:33)
Posted by コピーライターとよだ at 22:28│Comments(0)JAAAクリエイティブ研究会
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。