オーナーへメッセージ
プロフィール
コピーライターとよだ
コピーライターとよだ
最新SNSの流行が何度訪れようと、結局はSNSもメディア(情報の入れ物)に過ぎません。                 SEOに至っては、それ以前の話です。「地域+業種名」でHPが検索1位になったところで、そこに魅力を感じなければ人は去り、ライバル企業に流れていきますからね。                  また、通販サイトの売上が、キャッチコピーやセールス文の書き方一つで乱高下することは、よく知られた話。             
  そしてこれはあらゆるメディアにおいても変わることのない事実です。(なぜなら人の心はメールの言葉遣い一つでも近づいたり離れたりする、繊細なものだからです。)                   …にも関わらず、巷のキャッチフレーズ(キャッチコピー)やセールス文は、ターゲットやユーザーの心を掴み、商売繁盛につなげることが役割なのに、なんと手抜きが多いことでしょう…。            でもこれは逆に考えると、多くのケースにおいて、「言葉の最適化」によって他社より効果的な広告と販売促進を展開できる好環境でもあります。                とりあえず、デザイナーに「コピーもついでに…」と頼んでいる経営者は、“パティシエがついでに握った寿司”をおいしいと思えるのか、一度冷静に考えてみてはいかがでしょう?                -と、こんな話をする私の仕事は、依頼主のマーケティングの現状を検証した上で、ターゲットの理性と感情をとらえる広告・販促をご提案することです。                また私はツール制作をご依頼される場合、フリーランスを中心としたネットワークを活用し、ご依頼の案件ごとに制作ユニットを組むことで、ワンストップ制作をリーズナブルな料金でご提供しています。                制作ネットワーク「言ノ葉組」紹介ページへは、カテゴリーのプロフィールからお進みください。                因みに私はIT専門学校デジタルハリウッド(福岡校)にてコピー講師経験もあります。
そして最後の講義で受講生に伝えたメッセージは、「言ノ葉家」サイトの【経歴&実積】にてご覧いただけます。                           「言ノ葉家」へは、「お気に入り」の一番下からどうぞ。                        福岡在住ですが、ご要望があれば全国対応します。

       【リンクフリー】
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
< 2018年02月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

2008年11月08日

仕事冥利 Vol.3

H建設へプレゼンに行きました。
Hさんはまず、僕の提案が「新事業の定義」から入ったことに感心してくれました。
でもこれは、今、事業のプロモーションに携わるコピーライターとしては基本です。
言い方を変えると、
「ただ気の利いた言葉だけを考えることしかできないコピーライター」は、
バブルとともに既に絶滅しています。

(それでもやっぱり、お客さんから褒められると露骨に嬉しいものですネ!)

次にHさんは、僕が今回の事業の目玉となるサービスに対して、
正式名称とは別に呼称を設けたことに対しても、
「尊敬したicon77
と、高い評価をしてくれました。(自慢です!w)
でも、これとて僕には基本の範囲です。
なぜなら新事業を浸透させるためにチラシを作るのであれば、
その体験者をより多く誕生させ、
そこからの自然派生による口コミまでを計算に入れて制作する
必要があるからです。
この案件において正式名称と別の呼称は、事業浸透のためになくてはならないものでした。

あとはチラシの本文原稿の、ほぼ一文ずつに用意した制作意図に対しても感心してくれました。


-それにしても、ちゃんとお金をもらって仕事をしてその上お客さんから褒められるって、
とても幸せなことですね。

もっとも広告屋の仕事の場合、依頼主が本当に満足してくれるのは、
そのプロモーションを実践して効果を実感できた時ではありますが。。。


木造注文住宅を扱うHさんのブログはコチラ。
http://omoideya.yoka-yoka.jp/

「お手頃価格でコピーも効いてるWeb制作サービス」http://more.co.jp/kotonoha/
言ノ葉家サイトhttp://kotonohaya.aikotoba.jp/
ワンモア・プロフィール http://kotonoharb.yoka-yoka.jp/e93860.html
依頼主の声 http://kotonoharb.yoka-yoka.jp/e605489.html

福岡のマーケティングコピーライター・言ノ葉家への
広告販促ツール無料診断、セミナー講師、資料請求、訪問自己プレゼンのオーダーはコチラから。


同じカテゴリー(制作ドキュメント)の記事画像
繁盛しづらい企業とは?
同じカテゴリー(制作ドキュメント)の記事
 繁盛しづらい企業とは? (2014-02-25 22:28)
 納品はいつだってドキドキ。 (G-4) (2009-07-09 21:26)
 意識の高いクライアント。 (G-3) (2009-06-29 22:28)
 会社の立ち上げから携わる醍醐味。 (G-2) (2009-06-25 22:22)
 H建設の新事業プロモーション 2 (2008-11-06 15:39)
 H建設の新事業プロモーション 1 (2008-11-05 16:27)
Posted by コピーライターとよだ at 22:55│Comments(4)制作ドキュメント
この記事へのコメント
クリエイターと呼ばれる人たちの醍醐味と言うか……
やはり、その時代その時代に合ったものってありますよね。

全て流行じゃなくて「その会社の為に出来る事」も考えなければならないと思ったりします。

その上にお客さんからのお褒めの言葉だったり、
感謝の言葉だったりというのはとてもうれしいものですよね。

私もそうなるように頑張ります……。
Posted by サカモト at 2008年11月08日 23:57
制作の仕事は基本、すべてがオーダーメイド。
それだけにきっちりヒアリング(聞き込み)をした上での提案が受け入れられると嬉しいですね。

サカモトさんの「制作ドキュメント」も期待してます!
Posted by コトダマンボコトダマンボ at 2008年11月11日 13:56
ほんと、そうですね。制作作業はオーダーメイドですね。
現在私が読んでいる本があるのですが、
それにも、結局、予算の問題があるので、ある程度摩擦はあるが、
末端ユーザーが納得してもらえるものを作るというのが大前提だと書いてありました。

クライアントは末端ユーザーのためにどれだけアピールするかを考えて依頼すると現在は考えているので、
クライアントとはいい関係が築ければな〜と思ったりしてます。
(なかなか難しいのですが……)
なんか、今回の内容、見習わなければならないところが多いです。

しかし、私のブログにも書いたのですが、
JAAA九州クリエイティブ研究会に行ってきたのですが、
ためになりました。
コトダマンボさんが仰ってる事を言われてました。

頑張って制作ドキュメント書けるようにならないと(汗)
Posted by サカモトサカモト at 2008年11月11日 23:05
「予算の問題による摩擦」は僕にも経験がありますが、
見積もり金額に「松竹梅」のコース設定をしたらいくらか楽になりましたよ。
もっとも「見積もり提出」を求められた時にしか使えない手ですが、これをやるとクライアントも「そーよね。いいもの買おうとすれば値段が張るわよね」と、納得しやすいようでした。
(まあ、「松」コースを「竹」価格で・・・と言って来るお客さんもいましたが。。。笑)

JAAA・・・
そういった意味では、今年はちょっと物足りなかったですね。

制作ドキュメント・・・
“言いなりオペレーター”ではなくクリエイターとして、クライアントに小さくても何か一つ「嬉しい裏切り」を提案できれば、書けるものですよ。
(サカモトさんはもしや、書けることに気づいていないだけなのでは?)
Posted by コトダマンボコトダマンボ at 2008年11月14日 18:55
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。